カビさせない収納のポイント

雨で湿った紫陽花は美しい季節ですが…

 

こんにちは、DSトランクルーム平沼管理人です

最近は雨の日が多いですね。

関東地方は平年では6月7日頃が梅雨入りのようです。

…のはずですが、なんと今年は5月16日に近畿・東海地方が

梅雨入りしてしまいました。なんと例年より21日も早いそうです。

関東もそろそろ、一年で一番憂鬱な季節がやってきますね。

この季節、気になるのは何といっても湿気やカビです。

今回は梅雨時に知っておきたい、

カビさせない収納のポイントについて

です…


・クローゼットの収納のポイント

増え続ける衣類でギュウギュウになってしまうクローゼット。
本当は風が通るすき間があるくらいがベスト。
ハンガーパイプの70~80%くらいの量にとどめたいところ。
できれば梅雨入り前に衣類の整理をして減らしたい所です。


・タンス収納のポイント

タンスの収納もたくさん詰め込まないのがポイント。
湿気がこもらないように、空気が入るようにしましょう。
そして、タンスに入れる衣類はしっかり乾燥させてしまいましょう。

・押し入れの収納のポイント

押し入れの床や壁にすき間を作って、風通しができるように
すのこなどを上手に利用して湿気がたまらないようにしましょう。

 
・梅雨の晴れ間にはしっかり換気

梅雨の晴れ間にはクローゼットや押し入れの扉、たんすの引き出しを開け放して
サーキュレーターや扇風機を使って風通しをしましょう。

 

・対策したくても収納場所が足りない!…そんな時は

そんな時におすすめなのが、トランクルームです。
屋内型のトランクルームであれば、温度や湿度がしっかり調整されているので、
カビや虫害などの心配なく大切なお洋服などを保管することができます。

 


 

収納場所には空気が通るようにゆとりをもって収納するのが大事!
という事がわかりましたが、そうは言っても収納には限界があります。
どの衣類も大事で捨てられない。そんなときは

ぜひ、DSトランクルーム平沼にご相談ください。

DSトランクルーム 平沼

所在地:横浜市西区平沼2-4-19 DSビル3F

お問い合せ:0120-262-496

 

前の記事

横浜春のイベント情報